爺様ブログ ~英雄オンライン~

英雄オンライン Copyright (C) 2007 MGAME JAPAN Corp.All Rights Reserved.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小倉記念④ アンノルーチェ

わしじゃ。爺様じゃ。
わしゃ馬が好きなんじゃが、わしの知人は虎の毛皮が好きなんだそうじゃ。
わしも少しは持っておるから分けてやらんでもないんじゃが、ちょっと高いのじゃ。ガハハ
虎といえば阪神はもうちょっとで4位浮上じゃよ。
あんまり強くなるとマナーの悪いニワカファンも増えるよって、今年はほどほどでいいわい。

さて今週末の函館記念じゃがサンライズベガが出走回避する可能性が高いようじゃな。
やはり連闘は避けようという賢明な判断なのかもしれんわい。
さらにスマートギアも除外の可能性が浮上してきたようじゃ。
スマートギアはわしの中では本命級の馬だっただけに残念じゃが、別の注目馬であったアンノルーチェが出走できる可能性が出てきたわい。

アンノルーチェは今となっては日本では少なくなってきたファイントップ系のサッカーボーイの直仔で、やや長距離を得意とする血統のようじゃな。
しかし過去のレースは1800メートル以下ばかりで、2000メートルは今回が初経験だそうじゃ。
母父がサンデーサイレンス系のフジキセキじゃからスピードも補強されていおると考えたいところじゃが、この馬の走り方はやはり長距離向きじゃと思うわい。
最後の直線で格別のスピードを発揮するわけでもないが、バテて失速しておるような感じでもない。
もうちょっと距離を伸ばして、そうじゃな・・・、せめて2000Mダートか2400M芝とかを走らせてみればおもしろいかもしれんわい。
よって今回のように差し馬が揃っておるレースでは苦戦は必至じゃろうな。
前で粘り続ける可能性もなきにしもあらずじゃが・・・。

続いてG1レースに4回の出走経験を持つマイネレーツェルじゃが、スポーツ新聞ではやけに注目されておるようじゃな。
確かにG2のローズステークスを勝ったという実績はあるんじゃが、レースのレベル自体はあんまり高いものではなかったとわしゃ思うんじゃよ。
スローペースのレースではそこそこの強さを見せるようじゃが、やや早熟の馬だったのかもしれん。
いずれにせよ今回はわしゃパスじゃ。

次にマストビートゥルーを取り上げようと思ったんじゃが、ちょっとこの馬は重賞を勝てる器ではなさそうじゃ。
よってこの馬もわしゃパスじゃ。

明日の夕方には枠番が確定するじゃろうけど、現在のところのわしの予想じゃ。(スマートギアが出走しない場合)
◎ホッコーパドゥシャ
○ダイシンプラン
▲テイエムアンコール
×アンノルーチェ

明日の枠番確定が楽しみじゃな^^

スポンサーサイト
  1. 2009/07/30(木) 20:39:52|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小倉記念③ ホッコーパドゥシャ

わしじゃ。爺様じゃ。
早いもので7月もそろそろ末期じゃな。
道行く犬も蒸し暑さにげんなりしておるように見えるわい。
犬は毛むくじゃらで人間以上に暑そうじゃな。

さて小倉記念の注目馬の続きじゃが、今日はホッコーパドゥシャから見ていくわい。
今年で7歳になるこの馬は、1年前にオープンに上がってからは9戦1勝と少し苦戦しておるようじゃな。
しかしそのレース内容は注目すべき点がいくつかあるようじゃ。
まず前走の七夕賞では上がり3Fを優秀なタイムで追い上げ3着、前々走の福島民放杯ではレコード勝ちをしておるし、小倉大章典の上がり3Fもトップタイムをマークしておるようじゃ。
そしてマヤノトップガンの産駒は晩成傾向があるよって、7歳という馬齢もさほど気にする必要はないじゃろう。
重賞参戦も今回で6度目じゃから、経験も充分じゃ。
軽視できん馬じゃろうな。

続いてクラウンプリンセスじゃが、直線で差しきって勝つタイプではなく、全体的にハイスピードで流して勝ちきるというアメリカタイプのようじゃな。
母父のシアトルスルーの影響を受けておるのかもしれんわい。
だから道中は淡々と進んで直線勝負という最近の日本の競馬ではどうしても成績にムラが出てしまうんじゃないかとわしゃ思う。
しかし今回はハイペースになることが予想されるよってこの馬を推したいところじゃが、直線でキレのある馬が何頭か出走するようじゃから少し厳しいと言わざるを得んわい。

次にこの半年で一気に本格化してきた感のあるサンライズベガじゃが、今回は連闘になるようじゃな。
アドマイヤベガ産駒ということは古馬になってから本格化するのは珍しくないんじゃが、1ヶ月で3レースというのは地方競馬並みの使い方じゃな。
アドマイヤベガも脚下が弱かったし少し心配じゃよ。
今回のレースでは先行争いの一角を担うことになりそうじゃが、このメンバー相手では逃げ切れそうにないのう・・・。

さて、いよいよ週末が近づいてきおったから明日は注目馬をまとめていかねばならんわい。
マイネレーツェルとマストビートゥルーのチェックも忘れんようにせんといかん。

そろそろ飯じゃな。
わしゃ腹が減ったわい。

  1. 2009/07/29(水) 18:30:26|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小倉記念特集② テイエムアンコール

わしじゃ。爺様じゃ。
今日はコンビニ飴ちゃんを買ったら、おいしくないもんじゃからどうしたものかと途方に暮れておる。
やっぱ飴はパイン飴が一番じゃな。
それか缶々入りのサクマドロップスじゃよ。

そんなことはどうでもいいんじゃが、小倉記念の注目馬として昨日わしが言っておったアンノルーチェはやっぱり賞金額が少なくて除外されてしまいそうじゃ。チョッ

仕方がないよってとりあえず人気の出そうなテイエムアンコールを取り上げるんじゃが、06年度の2冠馬メイショウサムソンとか、G1を7勝した超実力馬テイエムオペラオーを出したオペラハウスの産駒なんじゃな。
オペラハウス産駒はやや晩成型と言われておるが、この馬はどうじゃろう。
デビューする時期も遅かったし、そこから初勝利まで約半年かかり、さらにそこから1年半は1000万条件で四苦八苦しておったようじゃな。
ところが6月にテンポ良く2連勝したところで、さあ勢いに乗っていよいよ重賞制覇といきたいところじゃな。
わしの見る限り、この馬は素質はあるのに馬自身が競馬のやり方をわかっていなかったがために四苦八苦してきたというイメージじゃ。
しかし数々の経験を経て、ようやく才能が開花してきたように思えるわい。
本命級の評価を与えてもよさそうじゃな。

次に宝塚記念で健闘したスマートギアじゃが、宝塚記念での上がり3Fのタイムはディープスカイと同じであるばかりか、その前の金鯱賞ではトップタイムをマークしておる。
レースではいつも後方から追い上げる追い込みタイプのようじゃが、マーベラスサンデー産駒ということは距離的には2000メートルでは少し短いのかもしれんわい。
過去に小倉では2回走って、どちらも最後の直線でわずかに届かず2着という結果だったようじゃから、もう少し距離があれば勝てていたという印象じゃな。
5月の晩春ステークスでは長い東京の直線を活かして快勝しておるし、直線のキレはサンデーサイレンス血統らしさが光っておるわい。
今回はハイペースになる可能性が高いよって、この馬の良さが充分に活かせるとわしゃ思うよ。
てかこの馬がおる限りコスモプラチナはそうやすやすとは逃げられんじゃろう。

さて、明日はクラウンプリンセスとサンライズベガをチェックするわい。
まだまだ火曜日じゃからのんびり考えることじゃな。

  1. 2009/07/28(火) 21:49:54|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小倉記念特集① ダイシンプラン

わしじゃ。爺様じゃ。
今日の京都は昼前まではそれなりに好天だったんじゃが、昼過ぎからまた雨が降ってきおったわい。
おかげで相変わらずいろんな所がむれむれで弱っておる。

さて今週は小倉記念を目指して注目馬を見ていくんじゃが、その前にコースの特徴を知っておくのじゃ。
夏の小倉競馬場の芝は野芝100%ということらしく、野芝はクッション性が高いためスピードが出るそうじゃな。
そして1コーナー手前から2コーナー途中にかけてやや急な上りがあって、バックストレッチにかけて緩やかな下りがあり、3コーナー手前で緩やかな上りを越えると、3コーナーから最終コーナーにかけては下りになっておるようじゃ。
つまり上って下って直線という感じじゃな。ちなみに直線は平坦のようじゃ。
つまり野芝の恩恵で先行馬はばてにくい反面、差し馬にとっても有利といえそうじゃな。

これを考えると淡々と逃げるコスモプラチナは少し厳しいんじゃないかの?
前走のマーメイドステークスはまんまと逃げおおせておるが、精彩を欠いた出走馬たちだったということと、阪神競馬場はゴール前に急な上り坂があるもんじゃから、後続の追い上げを逃げ切ることができたんじゃないかとわしゃ思う。
去年の天の川特別みたいに策が決まれば怖いじゃろうけど、そう何度もうまくはいかん。
しかし父親のステイゴールド晩成型の種牡馬であることと、母父がグルームダンサーであることからゴール前での失速に耐えうるヨーロッパ型の血統であることなどは注目に値するわい。
有力な差し馬がいなければ逃げ切れるかも、といったところじゃな。

そこへいくと中々に鋭い末脚を持っておるダイシンプランは侮れん。(賞金が足りんで出走できんかもしれんが・・・。)
休み明けの6月のストークステークスは11着じゃったが、上がり3Fは中々のタイムをマークしておるし、前走の博多ステークスは見事に後方から差しきっておる。
血統的には短距離~マイルが得意の血統なんじゃが、この馬は1800~2000メートルが得意のようじゃな。
前走から中1週間が気になるところじゃが、気合の抜け切らん間に連勝ということも充分ありえるじゃろう。
他に勢いのありそうな馬もそんなにおらんじゃろ・・・ボソ

明日はこないだ小倉競馬場で行われた九州スポーツ杯を制したアンノルーチェあたりをピックアップするわい。
しかしこの馬、賞金額が心配じゃな・・・。
函館記念のハイオンにしてもわしが眼をつけた馬は除外される傾向があるよって、気をつけたいところじゃよ。

  1. 2009/07/27(月) 21:03:31|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

函館記念 反省会

わしじゃ。爺様じゃ。
函館記念の結果は以下の通りじゃ。

1着 8枠16番 サクラオリオン
2着 5枠 9番 マヤノライジン
3着 6枠12番 メイショウレガーロ

1着はわしの一押しサクラオリオンじゃったが、2着3着は完璧にハズレじゃった。
インティライミレジネッタも先日わしが書いたように、もはや終わった馬と思ってよさそうじゃな。
特にレジネッタはスタート直後から全く闘志が感じられなんだわい。
過去のクラシック戦線や重賞戦線を賑わせた名馬たちのこんな姿は見てて辛いものがあるよって、はよ引退させてやってほしいわい。

復活が期待されたマイネルチャールズは12着という残念な結果じゃったが、これがこの馬の実力かどうかはレースのVTRを見返してみる必要がありそうじゃな。

しかし夏競馬は本当に難しいわい。
3連単なんぞとても当たる気がせんのう・・・。
ショボーンじゃよ。

来週は小倉記念じゃが、8月はいよいよ新馬の重賞の他に、ブエナビスタディープスカイの登場も予定されておるようじゃな。
競馬ブログを始めてまだ1ヶ月じゃが、もっと競馬センスを磨いておくわい。

  1. 2009/07/26(日) 16:06:23|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

爺様

Author:爺様
わしじゃ。爺様じゃ。
邪派「JAPAN」門に所属しておる。
サイト内の画像・テキスト等の無断転載は一切禁止じゃぞ。

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログやるならFC2

ブログ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。