爺様ブログ ~英雄オンライン~

英雄オンライン Copyright (C) 2007 MGAME JAPAN Corp.All Rights Reserved.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

金川でのできごと 感服いたした

わしじゃ。淫爺じゃ。

拝啓 斗殿

前回の記事にてご丁寧なご返信を頂戴し、誠にありがとうございました。
すべて拝見し、自分の記事を読み返してみると、確かに抜け落ちていたり、順番がゴチャゴチャになっている部分が存在いたしました。
また、多くのSSを切り貼りする際の私の編集時における混乱にまで言及していただき、聡明な方であると敬服いたしました。
私も編集時に文脈が合わないので、おかしいなとも気づいてはいたのですが、チャットをしたり、武功を使ったりしながらだったためか、確かにご指摘の部分のSSを撮り損ねておりました。
私が作為的に掲載しなかったと思われても仕方ないと思います。

そもそも今回の件はお互いの誤解と、ほんのわずかな意見の相違によるものと考えます。
斗さんの仲間を想う気持ちをもう少し理解する努力が私にも必要だったように思えます。
そして感情的になっていたとはいえ、貴派の門員の方々を侮辱するような発言をしたことについては、この場を借りてお詫び申し上げます。
申し訳ありませんでした。

私の攻撃的なブログに対して、今回の斗さんの紳士的なご対応を拝見し、改めて自分の発言を恥じております。
ゲーム内および、当ブログ内における斗さんと魑魅の方々へ対する侮辱とも取れる発言は撤回し、謝罪いたします。

金川ではサービス開始以来より、このようなトラブルが絶えないとは思いますが、今回は斗さんの冷静なご対応のおかげで、こういう解決に至れたことを感謝しております。
雨降って地固まるとも申しますが、今回のことを糧にして、よりよい交流を深めていければと勝手ながら考えております。
ゲーム内でお会いした際には改めてお詫びする所存ではございますが、取り急ぎ当ブログにて私からの返信とさせていただきます。

今回は本当にありがとうございました。
やっぱり英雄はいいゲームだなと改めて思います。

そしてコメントをくださった朋友の方々や、ご心配をおかけした皆様にもお詫びと感謝を申し上げます。

お騒がせいたしました。

敬具


<<追記>>
なお、私はすでにキャラを伝授して、印なしでまたレベル1から遊んでいる半隠居の身です。
よって「またレベル100まで上げて云々」というのはあまり本気にしないで頂けると助かります。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/20(水) 22:01:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

金川でのできごと2

わしじゃ。淫爺じゃ。
昨日のわしの記事に当事者がとんでもない言いがかりをつけてきたわい。

内容はこれじゃ。

>自分の都合の悪いSSを載せないのは予想できましたがまさかSSの順番まで変えてくるとは思いませんでした(^_^;
>そんな汚いまねしないといってくれていってくれましたよね?
>ものすごく悲しくてショックです

言いがかりもいい加減にして欲しいものじゃ。
わしが都合の悪いSSを載せていないとしたら、それはどんな内容だったかを明示するべきじゃ。
そして順番を変えているというなら、どこをどう変えたのかも教えて欲しいわい。

確かにSSを撮り始めたのは途中からじゃから、それ以前のSSはないのは事実じゃ。
しかしわしゃできる限りログをさかのぼってSSを撮ったんじゃぞ。
それにそれ以前のログが消えてしまったのは、斗殿がわしを散々PKしたがために、制圧ログと活性化ログが膨大になって流れてしまったからじゃ。
自業自得じゃろう。

消えてしまった内容を覚えている限りで書いてもいいんじゃが、お前さんがわしを制圧しまくってるログばかりじゃぞ。
わしゃ自分の撮影できたSSをすべて掲載しておる
それ以外にわしが隠蔽・捏造したという事実があれば、きちんと明示してはどうかの?

だいたいお前さんの言動は矛盾しすぎなんじゃよ。
お前さんは「うるさいな。黙ってPKできないのか。」という言葉が象徴するように、わしの言い分も聞かずに一方的に粘着PKを繰り返したじゃろう?
自分はやりたい放題にPKしておきながら「悲しくてショックです」なんて被害者ヅラするのは卑怯千万じゃ。

そして「弱いものいじめをしに金川にくるのは情けない」とか言いながら、自分はわざわざわしを粘着PKしに金川に来おったんじゃから理解に苦しむわい。
まるで小学生のケンカに張り切ってしゃしゃり出てくる中学生みたいなもんじゃな。
それこそお前さんの言う「マナー」違反ではないのかね?

そもそもお前さんのお仲間がわしの近くで狩りだしたもんじゃから、わしゃ攻撃したんじゃぞ。
わしが金川をグルグル走り回って正派を探してPKしたのではないわい。
場所が金川だけに、自分から邪派の近くで狩り出すという行為は、狩場を奪いに来たと思われても仕方ないじゃろう。

しかもわしゃ2回撃退しただけにも関わらず、お前さんのまあしつこいこと
一体何回殺せば気が済むのかと思ったわい。

わしゃ金川ではPKし合うのは当然じゃと思っておる。
だからお前さんがわしを殺しまくったことについては何も文句を言ってはおらん
ただ、お前さんが「マナー」を口にする以上は、自分のやってることと矛盾するんじゃないかと指摘しておるだけじゃ。
そしてわしが何度も言ったが、狩りに集中したいならなんでわざわざ一般金川で、しかも邪派が狩っておる近くに来て狩りをするんじゃ?
それについては回答がないままじゃがどういうことかの?

お前さんが仲間を想う気持ちはよくわかるつもりじゃ。
仲間がPKされて嬉しいと思う者はおらんじゃろう。
だからこそ、「狩りに集中したいなら一般金川はやめた方がいいよ。」と教えてやるのが先輩としての優しさではないのかの?
そもそもお前さんがわざわざ格下の金川になんぞ来なければこんなトラブルにはならなかったはずじゃ。

そこをよく考えてもう1回返信を期待するわい。
質問は下記の通りじゃ。

①斗殿の「弱いものいじめをしに金川に来るのはよくない」という持論と、昨日の行為は矛盾するのではないか。
②PKにもマナーはあると言いながら粘着PKを繰り返したのはどういうことか。
③狩りに集中したいならなぜ泰平チャンネルに行かせないのか。
④わしの前回のブログで「わしにとって都合の悪いやり取り」と「順番を変えた」という件について、どこがそれに該当するのかきちんと明示していただきたい。


以上ですじゃ。
ただの言いがかりでないことを期待しますわい。

最後に前回のブログに気遣いのコメントをくれたM殿、アー殿、すの殿、瞬殿、コン殿にはお礼申し上げますわい。(H21.5.20.12:40現在)
  1. 2009/05/20(水) 12:37:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

金川でのできごと

わしじゃ。淫爺じゃ。
今日は一般鯖の金川で機嫌よく狩っておったら、わしの近くに正派の者が現われて狩りを始めたのじゃ。
すっかり人のいなくなった金川で珍しいこともあるもんじゃと思って、わしゃただちに装備を対人仕様に変えて身構えたわい。

ご存知かと思うが伝授してしまったわしは今では63レベルじゃから、勝てる自信は半々じゃった。
しばし狩りの手を止めて接近して様子を見ておったが、いつ闘いになるかわからんままでは落ち着いて狩りも出来んからやられる前にやれとばかりに攻撃したわい。
相手は狩り装備だったのかはわからんが撃退することができたんじゃが、しばらくするとまた戻ってきてわしの近くで狩り出したのじゃ。
こりゃ参ったとばかりに今度は2回目じゃからわしも遠慮せずに攻撃して撃退したのじゃ。

するとどうじゃろう。
わしが宿に戻ったらその門派の高レベルの侠客が現れて、武器を構えてわしを攻撃してきたのじゃ。
相手は75武功を使っておったからわしより遥かにレベルが高かったようじゃが、おおかたわしがPKしたことを恨んで高レベル者を呼びおったなと思って反撃したわい。
まあ結果は惨敗で宿から出るなり何度も殺されたわい。

ひとしきり殺された後で話を聞いてみると、狩りをしておる門派の仲間をわしが攻撃したことが許せないそうじゃ。
いつから金川には狩り中は攻撃してはいけませんというルールができたのかはわからんが、とにかく弱い者イジメもしてはいけないとも言われ、さらに殺されまくったわい。

わしゃ63レベルじゃから一般金川の北側でPKするのは弱い者イジメではないと思うし、一般の金川にいる以上は狩りしてようがしてまいが関係ないと言ったのじゃ。
すると相手はそれはわしの価値観の押し付けだそうで、狩りしている人を攻撃するのはマナー違反だということじゃ。

もしその者の理屈が正しいとすれば、75武功を使える者が金川でわしを執拗に攻撃することこそ弱い者イジメではないのか。
そして狩りに行こうと思っているわしを旅宿から出た瞬間に瞬殺することこそマナー違反ということになってしまうわい。

金川ではPKは当たり前じゃ。
はっきり言えばマナーもクソもないわい。
嫌なら一般で狩らずに泰平で狩ればいいだけの話じゃ。そしてそもそも一般金川に来てはいかん。
公式のFAQにも「Q:金川でPKされました。→A:金川でのPKは仕様です」と書いてあるじゃろう。
それを伝えると相手も少しわかってくれたようで、とりあえずそれなりの平和的解決にいたったわい。

しかし昔は邪派同士でもPKできたし、殺されたら経験値も減って長沙まで飛ばされたものじゃ。
今では殺されてもデメリットはほとんどないのに、なんでこんなトラブルになったのかわしゃ最後まで理解はできなんだわい。

てことで金川ではもっとPKしようではないかってことでいくのじゃ!

SSを公開するようにとのことじゃったからSSを載せておくわい。
Shot_861.jpg
Shot_862.jpg
Shot_863.jpg
Shot_865.jpg
Shot_868.jpg
Shot_864.jpg
Shot_866.jpg
Shot_869.jpg
Shot_870.jpg
Shot_871.jpg
Shot_872.jpg
Shot_873.jpg
Shot_874.jpg
Shot_875.jpg
Shot_876.jpg
Shot_877.jpg
Shot_878.jpg
Shot_879.jpg
Shot_880.jpg
Shot_881.jpg
Shot_882.jpg
Shot_883.jpg
Shot_884.jpg
Shot_885.jpg
Shot_886.jpg
Shot_887.jpg
Shot_888.jpg
Shot_889.jpg
Shot_890.jpg
Shot_891.jpg

以上がその時のやり取りじゃ。
仲間を想う気持ちのあまり敵討ちをしたくなる気持ちはわからなくはないが、一般金川で狩りしてたら攻撃されるのは仕方ないよってことを教えてあげるのも先輩の優しさではないかの?
ハク殿とアラブ殿のお名前を出してしまったことはここでお詫び申し上げますわい。
また夏にでも一杯おごりますわい。一杯だけですがのw
  1. 2009/05/19(火) 23:19:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

X指定 アワビと赤貝

わしじゃ。淫爺じゃ。
前回のアンケートで③の「瞬殺鬼のアワビと赤貝の食べくらべ」が人気じゃったから、そっちの方向で書いていくわい。
勝手に4番を作った不届者もおられるようじゃが、酒についてもそのうち書くつもりじゃよ。
今はじっと我慢の子で待つのじゃぞ。

さてさっそくアワビと赤貝を瞬殿に堪能してもらおうと思って、本人に接触してインタビューをしてきたのじゃ。
以下はその時の内容じゃ。
Shot_809.jpg←場をわきまえて敬語で質問する聡明なわし
Shot_805.jpg←ちょ

いきなり今回の企画の終了のフラグが立ったようじゃが、わしゃ会話を続けたところ悪殿も協力してくれたわい。

Shot_807.jpg←しかし残念じゃが今はホタテは関係ないのじゃ。
Shot_808.jpg←そんなこと聞いとらんわい。

仕方ないよってわしがアワビと赤貝のおいしい食べ方についてレクチャーするのじゃ。
心して聞くのじゃぞ。
赤貝←赤く濡れてる赤貝
アワビ←パクっと口の開いたアワビ

まったくほどよく濡れておってうまそうじゃなあ。
しかしどんなに興奮して我慢できなくなったとしてもじゃ、いきなり長くて硬い箸でつつくようなことはしてはいかんぞ。
まずはにおいを確かめるのじゃ。
鼻を近づけて、そうそう、そんな感じじゃ。
この時に気をつけたいのは夏場は特にじゃが、モフっとしたにおいに食欲をなくす場合があるのじゃ。
だから食べる前にはしっかりと洗っておきたいものじゃな。

匂いを確かめてさらに食欲がそそるようなら、今度は軽く指で触れてみるのじゃ。
もちろん手も洗っておかないと汚れがついたり傷がついたりしたら大変じゃ。
あくまで触り心地を確かめるためじゃから、優しくするのじゃぞ。
自分が食べる前に誰かがすでに手をつけていたなんてこともあるが、その時も決して残念がらず冷静に振舞うことが大切じゃな。

さて指で触って湿り気も確認できたなら、今度は待望の味見の時間じゃ。
表面や割れ目の部分にそっと舌を這わした時に、変な匂いや味や舌触りがなければ食べる準備は整いつつあると言えるわい。
ひととおり味や匂いや弾力を確かめたなら、いよいよ硬くて長い箸の出番じゃ。
ふにゃふにゃの箸ではうまく食べられんよって気をつけるのじゃぞ。

ここまで来ればもうわしの教えられることはないのじゃ。
好きなだけ味わうがいいわい。

せいぜい生で食べる時は充分に気をつけることじゃなw
むほほw
  1. 2009/05/15(金) 22:59:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

寄り道

五龍を着られるようになったわい。
これで執筆活動に専念できるよって、狩りはもうやめじゃな。
Shot_790.jpg
  1. 2009/05/10(日) 02:26:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

爺様

Author:爺様
わしじゃ。爺様じゃ。
邪派「JAPAN」門に所属しておる。
サイト内の画像・テキスト等の無断転載は一切禁止じゃぞ。

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログやるならFC2

ブログ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。