爺様ブログ ~英雄オンライン~

英雄オンライン Copyright (C) 2007 MGAME JAPAN Corp.All Rights Reserved.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第3回 ユーザーで集まるのじゃ

わしじゃ。卍爺様卍じゃなくて淫爺じゃ。
今日は外回りの最中で本屋に立ち寄ったのじゃ。
すると特別コーナーテレビ絵本やらが置いてあってじゃな、なにやらひたすらポニョポニョ歌っておるのじゃ。
博識なわしはすぐさまピンときてじゃな、ははあ、これが巷で流行っておるポニョじゃなと気づいたわい。
しかし坂の下だか崖の上だか知らんがバケツの中におるから、これは虚偽広告じゃな。
しかもこのイラストは軽くホラーじゃな。子供が泣きそうじゃよ。
ポニョ01←バケツの中のポニョ(※ジブリ初の真夏のホラーアニメみたいじゃな)

しかしなんじゃな、おかげ様でわしゃ久しぶりに英雄を楽しんでおるんじゃが、どうも知らない侠客ばかりで道を歩くのにもドキドキしておる。
ユーザーの数が減っておるなら、逆に言えばそれだけ全員はムリでも多くのユーザー同士で意思疎通ができるんじゃないかと思うんじゃよ。
ユーザーだけでは大したことはできんじゃんろうけど、以前は正派のバザー(今でもやっておるのかの?)とか門派戦とかもユーザー間で盛んに行われておったものじゃ。
新規ユーザーから見ればなんか先発ユーザーたちてんでバラバラに遊んでるだけで、なんか入り込みにくいなと思って離れていくのは残念なことじゃよ。
運営やる気がないならユーザー側から新規ユーザーを守りきるアクションを起こしたいと、わしの門派の萌え死に門主は考えたようじゃ。
しかしこれはあくまで我が派だけの提案であって、いろんな侠客たちの意見を聞けば、もっといい案が出てくるかもしれん。
なにしろわしらだけで英雄をやっておるわけではないのじゃ。

そこで来たる8月30日(土)の22時から23時まで、可能な限り諸門派の門主殿と副門主殿と語り合いたいのじゃよ。
詳細は公式掲示板に乗っておるが、ユーザー同士の交流を深めるという意味でもぜひお集まり願いたいのじゃ。
足が痺れるほど長ったらしいわしの説教今回はナシじゃから安心して欲しいのじゃ。
ご多忙は百も承知じゃが、みなで集まって大いに語り合うには絶好の機会じゃて、ひとつよろしくお願い申し上げる。

今日もが降っておる地域があるよって、出かける時はを持っていくのを忘れてはならんのと、外出先に置き忘れてくることにも注意するのじゃよ!
ではまた会うのじゃ。
30日に皆とお会いできるのが楽しみなのじゃ。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/28(木) 12:54:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第2回 正邪戦を考えるのじゃ

わしじゃ。卍爺様卍改め淫爺じゃ。
夏も終わりに近づいてきおったが、まだまだ残暑のやつめがしぶといのう。
わしはパソコンがペンティアムDじゃから轟音放熱で部屋の気温はまだまだ夏真っ盛りじゃがの。

それにしてもペンティアムDはすごいんじゃよ。
ちょっとユーチューブやニコニコ動画を見ればブォオオオ!
何かをダウンロードすればブォオオオ!
英雄の公式ページを開けばブォオオオ!
とにかくそのご機嫌なサウンド強烈な放熱に耐えて日々精進しておるわけじゃ。
なにより正邪戦で人がいっぱいになった時の爆音をお届けできないのがとても残念じゃよ。

そうそう、正邪戦といえば久しぶりに参加したのじゃ。
噂には聞いておったが100対53くらいじゃったか人数差は歴然じゃな。
わしも久しぶりで張り切って切り込んだのじゃが、あっけなく麻痺させられた挙句に袋叩きでチーン…Ω\ζ゜)じゃった。
これだけ差があると普通に戦っておっては勝てんのう・・・。ショボーンじゃよ。

正邪戦が終わってからゾディ殿龍殿と話し合って、なんとか勝てる方法はないものかと考えたのじゃ。
しかし実際に正邪戦が始まってしまえば乱戦になってしまい、全員で統率の取れた動きをするのは無理じゃろう。
そこでカンタンな理屈としての戦法を考えてみようかの。
ここではゾディ殿と龍殿のご意見を大いに引用させてもらうのじゃ。

大前提として
回転率の向上
を挙げておくのじゃ。
人数差がある以上、こちらはより効率的に動くべきじゃ。
カンタンに言えば走っている時間を少なくするのじゃ。
走ってる時間というのは戦闘に参加していない時間じゃ。
せっかく参加していても、走っている時間が増えれば増えるほど戦線離脱している時間が増えてしまい、ただでさえ少ない参加者を有効に活用できなくなるのじゃ。
これを防止するためにはいくつかの方法があるのう。

あまりダラダラ書いても仕方ないので
①必要以上に敵を追いかけない
②敵陣深くに斬り込まない
③ヒット&アウェイ
の3点が基本になるかの?

①の必要以上に敵を追いかけない、というのは簡単なことじゃ。
こちらが敵に向かって走っておったら向こうからシューーーっと正派が駆け抜けていきおる。
人情としては追いかけたいところじゃが、どうせ盟主はそうそう倒せんのじゃからほっとけばいいのじゃ。
無駄に走り回らされた挙句に貴重な戦力が無駄になるだけじゃよ。
ただ、気をつけたいのは下の地図でいうA地点(2時防衛ライン)~本陣までに配置されておるMOBを狩られることじゃ。
これは数名の守備部隊を志願してもらいたいものじゃな。
逃げていった敵は守備部隊信頼して任せて戦力を分散させないようにするのが一番じゃよ。
まあ信頼しすぎて敵がそっちに集中してしまったら大変じゃがw
正邪戦02

②の敵陣深くに斬り込まないというのは重要じゃ。
つまり主戦場をB地点(こちらの一時防衛ライン)に誘導するのじゃ。橋を越える必要もないわい。
なぜなら戦場が本陣から近ければ近いほど、やられてから戦線に復帰するまでの時間が短縮できるのじゃ。逆に敵は復帰するまでの時間が増えることになるわい。
B地点にはMOBも多く配置されておるし、敵としてもここに入って来ざるをえないわけじゃな。
こちらはMOBを守りつつ、侵入してきた敵を叩くのじゃ。
A地点まで侵入してきた敵は守備部隊が対応してくれるし、A地点の敵はやられてからB地点に復帰する道中で戦うことができるから、あくまでB地点を中心に考えればオッケーじゃなかろうかの?
また、対人戦が苦手な者はこっそり敵陣に侵入してMOBを狩るのも大いに有りじゃな。
隠れて一人でこっそりエッチなことをするのはいかんがのw

③のヒット&アウェイはなかなか思うようにはいかんと思う。
誰かが戦っているとついつい全員で攻撃して、戦力が一箇所に集中してしまうじゃろ?
ところが戦力集中してしまって、範囲武功や麻痺攻撃の格好の餌食になってしまうのは痛いほど経験済みじゃと思う。
よって数名で敵を葬ったらすぐに分散するを心がけたいものじゃ。
実際の戦場では理屈どおりにはいかんじゃろうけど、こういうことは心がけておくだけでも随分違うと思わんかね?

もっと色々と考えはあるんじゃが、どうせ正邪戦が始まったらわしが真っ先にテンパってしまうのは眼に見えておる。
また何かの機会にみんなと作戦を論じ合えればいいのう・・・!
ではまた会うのじゃ。
エッチなことして寝ようかのwウシシじゃよw
  1. 2008/08/24(日) 23:04:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

せっかく隠遁しておったのに

わしじゃ。卍爺様卍じゃ。久しぶりじゃな。今は諸事情で「淫爺」に改名したのじゃ。
爺様顔02


といってもすでに忘れられているか、知っておる者も引退しているかもしれんがの。
気がついたら英雄を去ってからはや1年半も経っておったのう・・・。
前のデータはIDごと退会して消えてしまっておったから、はっきり言って戻ってくる気は全くなかったのじゃ。
英雄で得られた数々の思い出を胸に、残された余生は阪神の応援氷室京介の崇拝に使うつもりでおったのじゃよ。
実際この1年半は平穏にそんな生活を送っておったわい。
tigers01.jpg←阪神のロゴ



ところがある日わしがいつものように阪神の負け試合に歯軋りしながらハナクソをほじっておったら、パソコンにある御仁から密書が届いておったのじゃ。
密書じゃから公開はできんが内容はだいたい以下の感じじゃ。
「最近また英雄を始めた。以前にも増して過疎は深刻で、邪派はしっちゃかめっちゃかにやられている。一緒に英雄を盛り上げよう。」
内容はわしがちょこっと手を加えたが、これがほぼ事実の通りじゃ。

わしゃ英雄というゲームと、そのユーザー達には大いに世話になった。
そして英雄のユーザーが減少しておることもなんとなく聞いておった。
レアの暴落、課金アイテムの高騰、アップデートの度に発生するバグなど問題も山積みのようじゃ。
引退したとはいえ、そんな現実に寂しい思いをしておったのじゃ。
英雄は問題も多いかもしれんが、いいゲームじゃ。わしはそう思う。
そんな英雄がこのまま廃れていくのはわしは辛い。
久しぶりにインしたらサーバー選択画面はガラガラで、ユーザーの減少を如実に物語っておった。

わしに密書を送ってくれたその御仁とわしは「英雄の再興」という同じ目的の下に、ゲームをユーザー全員で楽しくプレイしていきたいと考えておる。
もちろんわしは正義の味方でもなんでもないCEO(ちょっとエロイお爺さん←シャレてるじゃろう?)じゃから、たいしたことはできん。
しかし全員でゲームを楽しむ心を持てば、きっと盛り上がって、新規も増えれば引退した侠客たちも帰ってきてくれるかもしれん。
そうなったら楽しいと思わんかね?
偉そうなことを書いておるが、わしらに対して誤解や批判も生まれることは承知の上じゃ。
じゃがわしはこのゲームに残って、このゲームを支えてきた皆を尊敬し、感謝しておる。本当じゃ。
どこまでできるかわからんし、迷惑もかけるかもしれんが、わしなりに頑張っていくので、これからひとつ宜しくお願い申し上げまする。
心は常にJUST A HEROなのじゃ。

<<追伸>>
戦う倉庫キャラ門派の諸兄らへ。
その節は勝手にいなくなってしまい、不義理をしてしまったのじゃ。
門派はなくなってしまったようじゃが、わしのとってあそこは故郷のようなものじゃ。
誰か残っていたら、また宜しくお願いしますなのじゃ。

葵舞殿には特によろしくお伝え願いたい。
  1. 2008/08/21(木) 17:41:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

爺様

Author:爺様
わしじゃ。爺様じゃ。
邪派「JAPAN」門に所属しておる。
サイト内の画像・テキスト等の無断転載は一切禁止じゃぞ。

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログやるならFC2

ブログ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。