爺様ブログ ~英雄オンライン~

英雄オンライン Copyright (C) 2007 MGAME JAPAN Corp.All Rights Reserved.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

箸でパスタ

こないだ昼ご飯に付き合いで鎌倉パスタって店に行ったんです。鎌倉パスタ。

いや実は過去に2回ほど行ったことがあるんで、どういう店かは知ってたからもちろん期待はしていなかった。
値段が高い割りにそれほど美味くないのはどうしようもないとして、この店のスタイルが自分にはまったく合わない。

まず靴を脱いで素足で店に入らないといけない。もちろんスリッパは無い。
座敷の店ならいざ知らずこの店はテーブルが基本。
テーブルの下に前の客が落としたパスタのソースやらパン屑が落ちていたらイヤだからどうしても足下が気になる。
靴下でミートソースやクリームソースを踏んづけたらさぞがし不快だろうね。

そして一番許せないのがパスタ屋なのに、フォークではなく箸が置いてある。

スパゲティを箸で食えということらしい。

これには参った。

ここは日本だから日本式に箸でスパゲティを食べるスタイルがあってもいいだろうという気持ちはわからなくはない。
でもな、箸でスパゲティを食べるってことは必然的にヤキソバみたいにズルズルと音を立ててすする食べ方になるってことだ。

案の定、自分のテーブルだけじゃなく周りのテーブルでもズルズルと音が聞こえ出して、はっきり言って嫌な気分になった。
本来は音を出して食べるのが下品とされている食べ物を、いくら日本式だからと言ってヤキソバのようにズルズル食べるのは下品にしか見えない。

外国人がそばを食べる時は音を立てずに丁寧にするすると食べるそうだが、日本人としては豪快にズルズルっとやって欲しいところだろう。
それと同じでやはり食べ物は文化であり歴史であるわけで、その食べ物に合った食べ方をするのが最低限の礼儀だと思うわけさ。

握り寿司にケチャップやマスタードを着けて食べて欲しくないのと一緒。
インド人だからといってどんな料理でもを手づかみで食べるのはNGなのと一緒。
韓国人だからと言ってどんな料理でもピビンバみたいにグチャグチャにかき混ぜるのがNGなのと一緒。
日本人だからと言ってどんな料理でもソバやうどんみたいに音を立てて食べてはいけないのと一緒。

無知な学生あたりが深く考えずに食べるなら仕方が無い気もするが、いい年こいた大人がこんなことをやっていたくはないものだ。

二度と行きたくない店だ。

ついでに言っておくと日本の一般的なパスタ屋ではフォークとスプーンが出てくるが、本場イタリアではスプーンを使うのはフォークを上手く使えない子供だけ。
気取ってスプーンを使ってお上品ぶって食べてる人をよく見かけるが、スパゲティーはフォーク一本で巧みに食べるものだ。

しかし外でこれをやるには日ごろの地道な練習が不可欠で、迂闊にやると余計に無様な姿を晒すことになるから両刃の刃。

まあ初心者はおとなしく家でスパ王でも食べてなさいってこった。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/01(土) 22:27:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ディーラー

3月にフィットの車検を受けたけど、やっぱ新しい車が欲しいのでディーラーへ行くことにした。
購入候補はプリウスとかインプレッサスポーツなど。
で、トヨタとかスバルのディーラーを何軒か行ってみたけど、最近の車の営業マンの姿勢に疑問を感じずにはいられなかった。
一言で言うのは難しいけど、接客レベルが低いとか商品知識が無いとかも言えるけど、なんていうか受け身すぎて本当に売る気があるのかという気分になってしらけてしまった。

要するにやる気がない。

車から降りて外に置いてある展示車を見てても、ショールームの中から様子を伺っているだけで誰も出てこない。
仕方が無いのでこっちから合図して来てもらって色々と聞いてみても、本当に聞かれたことだけを答えるだけで、見積もりを出しましょうかという提案すら無い。
セダンタイプが好きだと言ってるのにコンパクトカーを勧めてくる。
車の横幅を聞いてもすぐに答えられない。わからないならわからないなりに「ちょっと調べてきます」と言えばいいものをそれもしない。勉強不足を改めようとせず、わからないことはわからないまま。
ラチが開かないのでカタログをいただけますかと言うと、名前や住所すら聞かずに普通に渡してくる。カタログだって数百円はするだろうに気前のいい話だ。
仕方が無いのでこっちから「カタログを渡した客の名前とか電話番号くらいは聞いておかないと店長から責められるんじゃないですか?」と言って書いてあげた。
で、帰る段になっても次のアポを取ろうとしない。このままみすみす帰らせていいのかと思った。

冷やかしだと思われたのか、金持ってなさそうと思われたのか、単に営業マンのやる気がないだけなのか、それはわからない。

でもどうせ買うなら経験や知識が浅くてもやる気を持って頑張っている営業マンから買いたいと思ったので合計で5店舗ほど周ったけど、どこも似たような対応だった。
もちろん夜になっても訪問もなければ電話の一本もなし。
一応翌日に来店御礼の手紙だけは来たけど、俺って安っぽい人間に見えるのかなーと自信をなくしかけたぞ。

何も手厚くもてなしてくれと言うわけじゃなく、必死で貯めた大金で高い買い物をするんだから、売る側ももうちょっとやる気とか闘志のようなものを見せてくれないと不安になって買う気が失せるのだ。
そもそも女房と1歳の子供を連れた30代の男が古い型のフィットでディーラーにやって来たら、鴨がネギ背負って来たようなもんじゃないか。
スズキやダイハツの営業ならともかく天下のトヨタの営業がこれだから、実はこんなものなのかもしれない。

それとも神様が今回は買う時期じゃないというメッセージを送っているのかもしれないね。
  1. 2013/05/06(月) 09:37:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

必殺仕事人

インフルでずっと寝てたから色々なことを考えていた。

地元のテレビ局では「必殺仕事人」がやっている。
簪職人の秀こと三田村邦彦が最初に出てくるシリーズ。
毎週毎週同じようなことをやっているにも関わらずやっぱりおもしろいのだが、やはり気になることがある。

それはつまり毎週毎週江戸のあちこちで体を不自然に折り曲げられた死体、鋭利な凶器で背後から首を一突きにされた死体、見事なまでに一刀の下に斬り殺された死体がセットで発見されればいい加減にばれるだろうよってこと。
今で言えば謎の同一グループによる連続猟奇殺人ってとこだろう。
仕事人の元締がなんらかの圧力をかけて事件を揉み消していたとしてもだ、これだけ派手に毎回毎回同じような猟奇殺人を繰り返せば限界はあるだろうに。
まあ番組の演出上、斬り殺す以外の殺し方を用意しないといけない事情は理解できるけどいくらなんでも殺し過ぎ。
このシリーズだけでも80回以上もあるし、主水と秀はその後のシリーズでも同じ手口で殺しまくり。

まあ細かいこと言うなってことだろうね。かっこよければいいのさ。




そろそろ冬も終わる。
最後におでんで一杯キューっとやりたいもんだ。
  1. 2013/03/15(金) 12:35:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お好み焼き

生まれて初めてインフル(B型)にかかってしまった。

そして治った。

ヒマだからネット見てたらみんな大好き「お好み焼き」に論争があることを知った。
要するに大阪VS広島ってことなんだけど、ネット調査によると大阪の認知度の方がいくらか高いようだ。
かくいう私も関西人なもんで「お好み焼き」と聞いてもすぐに広島は浮かんでこない。

広島って聞くと牡蠣、造船、広島カープ、マツダ、紅葉まんじゅう、そして原爆ドームあたりがまず思い浮かぶ。
で、その次あたりに「ああそういえばお好み焼きも有名だね。」って感じだ。

というのも関西にはお好み焼き屋さんに行くと「広島焼き」というメニューがあったりするからね。
生地に焼そばを挟んだいわゆるモダン焼みたいなイメージがあるけど詳しくは知らない。
ついでに言えばあまりいいイメージが無い。

それというのも大学の時に広島出身のやつがいた。
大学時代にはお好み焼き屋さんに友達とよく行ったけど、もちろんそいつとも何度か行ったことがある。
そいつとお好み焼き屋さんに行くと必ず広島のお好み焼き自慢が1回は始まる。
つまり広島県民から言わせると「お好み焼き」というのはあくまで広島のお好み焼きのことであり、関西のお好み焼きは「関西風お好み焼き」なんだそうだ。
つまり本家本元はあくまでも広島であり、関西のお好み焼きが「お好み焼き」を名乗り、「広島焼き」とか「広島風お好み焼き」なんて呼び方をが存在することに違和感を感じるそうだ。
まあただの地方のお国自慢にしか聞こえなかったけどね。

別に自分の田舎に帰ったら好きな言い方をしたらいいけど、なんで関西に住んでる関西人がわざわざ「関西風お好み焼き」とか言わなあかんねんと思ったよ。
起源とか発祥を主張して相手を批判するのはどっかの国だけで充分だ。

なんていうか私の周りにやってくる地方の人間はやたらとお国自慢が大好きらしい。
ある愛知出身の男はうどんを食いに行くと必ず「やっぱりきしめんが最高だよ」と言うし、とんかつを食いに行くと「やっぱり味噌カツが一番うまいよ」とか言っていたものだ。

はっきり言ってウザかった。

そんだけ地元が好きならわざわざ出てくんな、地元にこもってろって思うのは自然なことだろう。

お国自慢もほどほどにってやつだ。
  1. 2013/03/14(木) 12:54:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しいの

PS3を買って5ヶ月くらい経った。
スカイリム、GT5、アサシンクリード2、セインツロウ3、ボーダーランズ2をプレイした。

セインツロウ3は面白かったけどマップが狭かったから1回クリアしたら飽きてしまった。
ボーダーランズ2はFPSのRPGなんだが、なんか自分には合わなかったので途中で売ってしまった。
やっぱコントローラーでFPSは難しいよね。
撃てども撃てどもすいすい回避されてまったく当たらん。

また新しいゲームが買いたい気分なんだが、おもしろそうなゲームがいっぱいあってこの2週間ほど結局買えていない。
真北斗無双の体験版をやったけど1ステージだけアタタタタタやったら満足した。
もったいないから3日プレイして放置していたGT5を引っ張り出して渋々ネット登録して写真とりまくって遊んでいる。
昔の愛車のプレリュード(4代目と5代目を乗り継いだ)も収録されているが、中古でしか買えないのでなかなか現れない。
出てきたところでVTECのハイカム切り替えの音が再現されているとは思えないがね。
仕方が無いのでR32スカイラインとかS2000を激写している。

なんというかボンネットの長い車が好きだ。
だから最近のボンネットが饅頭みたいなゴロンとした車は好きじゃない。
そしてできれば昔ながらの5速MTがいい。
最近はエンジンは普通の常用エンジンなのに6速MTを組み合わせている車が多いが贅沢な気がする。(それはそれで大いに結構なことだが)
もう何年もMT車には乗っていないが、20年後にまだMT車が存在していれば買いたいものだ。
やっぱ自分は懐古主義なんだろうと最近思う。

ゲームの話だったが脱線した。
なんかこれやらないと損と言えるほどのゲームはないかね。
ヌルゲーマーなんであんまり難しいのはやだな。
  1. 2013/03/08(金) 12:52:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

爺様

Author:爺様
わしじゃ。爺様じゃ。
邪派「JAPAN」門に所属しておる。
サイト内の画像・テキスト等の無断転載は一切禁止じゃぞ。

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログやるならFC2

ブログ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。